畳替え

畳のリフレッシュには「裏返し」・「表替え」・「畳床替え」の方法があります。

それぞれに目安になる時期などがありますので、一つ一つ紹介をしていきます。
あなたのお部屋の畳・・・快適ですか?
畳のライフ計画を立て、いつまでも住まいの大切な畳の心地よさをキープしてくださいね。

  • 【時期】
    新畳を入れてから2〜3年頃

    畳が日焼けしたり、傷み始めたりしたら畳表を裏返しにして張りかえる作業です。
    【ご注意】
    畳表の痛み具合が進みますと裏返しが出来ない場合があります。
  • 【時期】
    新畳を入れてから3〜5年頃

    畳返しをした畳表が傷んできたら畳床をそのまま生かし、新しい畳表に取り替える作業です。3〜5年頃が適当と考えます。 裏返しや表替えの場合には畳縁も新しく取り替えます。
  • 【時期】
    新畳を入れてから10年〜15年頃

    畳床も含めて全体を新品に取り替えることです。取り替える目安は適度な弾力性がなくなったり、 凹凸が激しくなったり、大きな隙間が出来たら、畳替えをしてください。

ふだん私たちの目に触れませんが、畳の重要な機能を担っているのが畳床。

従来の畳床は稲ワラを5cmまで圧縮してつくっていましたが、最近はコンクリート造など断熱性・機密性の高い住まいに合わせて、 新しい素材の畳床がどんどん登場しています。
高温多湿の風土のもとでの密閉構造の住まいには断熱性や耐湿性の高い素材が求められます。 現在、畳床の種類は図のように大きく分けて2つあります。 主に使われるのは断熱性と耐湿性に優れたポリスチレンフォームやインシュレーションボード。 軽量で防カビ・防虫の工夫が施され、自由設計にも対応できるというメリットもあります。 これらの素材の特長を充分に生かした脱ワラタイプをはじめ、 新素材と稲ワラの両方の長所を生かしたサンドウィッチタイプなど様々な畳床がJISに基づいた品質基準のもとで生産されています。
また、インシュレーションボードには消臭・抗菌効果の優れた緑茶葉使用の「さらり畳」があります。ペットとの生活やタバコの臭い防止におすすめです。